アトピー皮膚科情報 アーカイブ - 新宿でアトピーに強い皮膚科を教えて

HOME » アトピー皮膚科情報

アトピー皮膚科情報

保険治療について

保険はどこまで?

肌の病気について、どこまで保険治療が適用となるのでしょうか。

生命を大きく左右することもないから、「保険はきかないのでは」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

保険がきかないとなった場合、治療費はとんでもない額になってしまいます。

そこで保険治療について、取り上げます。

健康保険の範囲

まずは、健康保険の範囲についてです。

基本的に病気や怪我の治療に関しては、保険適用内です。

他にも薬・ガーゼや包帯・精神療法や指導・在宅療法・入院も、健康保険で対処可能です。

健康保険の範囲外になるのは、医療に直接関係のない治療です。

例えば疲労回復・美容整形・予防接種・健康診断も保険適用外です。

またわざと怪我をして病院に行った時も、保険は適用されません。

わざとか偶然によって引き起こされた怪我かは、医師が診ればすぐにわかります。

ちなみに刑務所や少年院に収監されている場合も、保険適用外です。

保険がきくアトピーの治療

ではアトピー治療の場合、どこからどこまでが保険治療でまかなうことができるのでしょうか。

医師の診察を受けて内服薬・外用薬を処方し、予防のための生活指導を受ける分に関しては保険は受けられます。

こればかりは人にもよるのでハッキリ断言はできないものの、医師の指導をしっかり守った上で処方された薬をきっちりと使えば、アトピーは治るでしょう。

最近アトピーの治療として注目されている漢方も、保険がききます。

漢方は人に本来備わっている「治す力」を引き出し、アトピーなどの症状を改善する働きがあります。

副作用もなく体の負担も少ないため、1つの治療法として検討してみても悪くはないでしょう。

ただし漢方がいいかどうかは、アトピーの症状によって変わります。

担当医としっかり相談した上で、どうするかを決断して下さい。

保険がきかないアトピーの治療

アトピー治療の中には、保険がきかないものも含まれています。

代表的な所で言えば、新薬の使用でしょう。

アトピーの研究は驚くべきスピードで進んでおり、根本的な治療に結びつく新薬も次々誕生しています。

新薬を利用して、実際にアトピーが完全に治ったという方も少なくありません。

しかし保険がまったくきかないので、家計の負担はかなりのものです。

年間の自己負担が60万円になることもあり、アトピーとは別の何かが重くのしかかるのは明白です。

・保険の範囲内で治療は可能
基本的な治療に関しては保険適用となり、余程のことがない限りは治ります。

治りが遅い場合は保険適用外の治療に頼るのも手ですが、まずは担当医と相談して治療方針をどうするのかを決めるようにしましょう。

病院の選び方

病院の選び方

アトピーかもしれないと疑った時、まず行うべきは病院選びです。

とりあえず近所の皮膚科にと行きたい所ですが、仕事が忙しいなどの理由により、難しい場合もあるでしょう。

仕事で忙しく行く暇がないというのなら、職場の近くにある皮膚科に行くのがベストでしょう。

しかし職場の近くにある皮膚科は行っても大丈夫かどうか、不安は拭えません。

そこで、皮膚科を選ぶ際に抑えておきたいポイントについて取り上げます。

≫ 『病院の選び方』

アトピーの診察

アトピーとは

アトピーとは、全身や部分的に強いかゆみが発生します。
ただ常日頃から症状が出ているという訳ではなく、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
かゆみが出て暫く経つと収まりますが、完全に治ったという訳ではありません。
アトピーは体質的な事柄が主な原因のため、自力での治療は困難です。
病院へ診察を受けて、適切な治療を行う必要があります。

≫ 『アトピーの診察』

背中の症状も皮膚科へ

背中の症状

お肌の病気や症状は見える範囲に現れるとは限りません。
自分の目では直接見づらい背中にその症状が現れることもあります。
たとえばアトピーなど、全身のいたるところにかゆみが現れますから、背中に症状が現れることもあるのです。
自分の目で直接確認するのは難しいでしょうが、強いかゆみが出るとかなり気になる症状となるでしょう。
このような背中の症状についても気になるときは皮膚科へ相談してください。
≫ 『背中の症状も皮膚科へ』

皮膚科での保険使用

皮膚科で保険診療を受けるには

皮膚科を利用するときには保険を使える場合も多いです。
きちんとそれを使えると保険診療となり、治療費の全額を自己負担しなくてよくなります。
基本的には三割負担、条件次第では一割負担で皮膚科の治療を受けられるのです。
治療費の総額は高くなりがちですから、なるべくならこの保険をきちんと使いたいところでしょう。
そのための基本的な条件としてまず保険に加入しておくことが必要です。
何らかの健康保険に加入するのは義務となっていますが、転職時や失業時など、手続きを忘れていると一時的にどこの健康保険にも加入できていない状態となる場合があります。
職場の健康保険に加入できない場合は国民健康保険への加入となりますから、最低でもこちらに入っておくといいでしょう。
≫ 『皮膚科での保険使用』

アレルギーの相談

アレルギーの相談

アレルギーはお肌に症状が出ることもあります。
もしそれが出た場合、お肌が赤くなってかゆみも出るといった症状が出たりしますね。
実際に出る症状は個人差もかなり大きく、具体的な症状は人によって大きく変わります。
いずれにしても不快な症状となるでしょうから病院で相談したいことも多いでしょう。
これは新宿にある皮膚科などで対応可能です。
≫ 『アレルギーの相談』

肌荒れの薬

肌荒れについて

冬場に多いですが、肌荒れが起こることもありますよね。
お肌がごわごわになったり、ざらざらしたり、かゆみがあったりと、サラサラの健康なお肌ではなくなっている状態です。
お肌も普段より少しもろくなっていることがあり、かゆみがあるからとかいていると出血し、そのかさぶたがところどころにできているといった状態もよく見られます。
このような肌荒れは症状として不快となりますし、女性の方など肌荒れしている部分を人に見られたくないこともあるでしょう。
肌荒れが気になるときは薬を使うなど、治療を考えるといいです。

肌荒れの薬について

肌荒れの薬とはどんなものかというと、たとえば保湿剤です。
お肌の乾燥が原因で肌荒れが起きていることも少なくありません。
それを改善するためには保湿剤が有効です。
そのほか、赤みやかゆみがあるならかゆみを鎮める塗り薬、飲み薬なども使えます。
これらを使うことで肌荒れを改善できることが多いです。

肌荒れの薬はどこで手に入る?

肌荒れの薬ですが、すでにかなり症状が悪化しており、出血なども少しあった場合は、皮膚科を受診するのがおすすめです。
市販品でも保湿剤や肌荒れに使えるクリームなどあるのですが、これらは傷口などがあると使用が適さない場合も珍しくありません。
すでに出血しかさぶたとなっている個所がいくつもある場合、市販品よりも皮膚科を受診し、そのような状態でも使える保湿剤などを処方してもらうのがおすすめです。
また、皮膚科を受診すると保湿剤とあわせて赤みやかゆみなどに効く塗り薬なども処方してもらえます。
そちらは市販品があまり見つからないことも多いですし、見つかったとしても他の保湿剤などとの併用ができるかどうか、個人では判断が難しいことも多いです。
すでに肌荒れが悪化しており、かなり症状が気になるときは一度皮膚科を受診してみるといいでしょう。

肌荒れでの受診ができる新宿の病院

新宿で肌荒れでの受診もおすすめできる病院というと、新宿駅西口近くの病院があります。
こちらは駅に近いことでまずアクセスがいいのがおすすめのポイントです。
さらにこちらの皮膚科は待ち時間が短いことで評判です。
患者にとって悩みとなりやすい待ち時間の短縮に積極的な病院ですから、ちょっとした肌荒れの薬をもらうために1~2時間も待たされるといったことが少ないのです。
一般皮膚科ですから保険も適用され、薬代もお得になります。
このように肌荒れでの受診にもおすすめとなる病院も新宿にありますから、薬が欲しいと思う肌荒れでは病院を利用してみるといいでしょう。

顔の敏感肌とステロイド

顔に出る敏感肌

わずかな刺激でお肌がピリピリする、赤みやかゆみが出るなどといった敏感肌の症状ですが、これが顔に出ると人目をひきやすく、お悩みとなっている方もおられるでしょう。
この敏感肌の症状も新宿の皮膚科で診てもらえる場合も多いです。
その症状が気になっているときなど、一度病院で診てもらうといいです。
あまりおすすめでないのが、市販されているステロイドの塗り薬を使うといった対応です。
時間のない方もなるべく病院での診察を考えるといいでしょう。
≫ 『顔の敏感肌とステロイド』

乾燥とアレルギー

お肌の乾燥はよくない?

アトピーの症状があるときはこれを少しでも改善するため、症状の仕組みや原因など知りたい方も多いでしょう。
そこで気になりやすいのは乾燥とアレルギーの関係です。
アトピーはアレルギーの症状だとも言われていますが、そのアレルギーが起きる土壌となっているのがお肌の乾燥だと言われているのです。
まだアトピーはわかっていないことも多いため、現段階で言われていることになるのですが、お肌が乾燥していることでアレルゲンが侵入しやすくなり、それが原因でアレルギーが起き、アトピーの症状が出ると考えられているのです。

お肌が乾燥するとなぜアレルゲンが侵入しやすくなるのでしょうか?
これはお肌のバリア機能が低下するからです。
健康なお肌は体内を守る壁の役目を果たしています。
そのおかげで体内に異物が侵入するといったことがあまり起こらないのです。

しかしお肌が乾燥するとその限りではありません。
お肌の潤いは壁の役目を果たすために必要なのですが、乾燥するとこれにほころびが出て、体内に異物が侵入しやすくなるのです。
その上でその異物に対してアレルギーの反応を起こすと、強いかゆみや湿疹など、アトピーの症状が出ると考えられています。
お肌の乾燥がアトピーの症状の出発点となっているわけですから、乾燥はできるだけ避けた方がベターとなります。

お肌の乾燥を防ごう

実際に皮膚科を受診するアトピー患者の多くはお肌が乾燥していることが多く、病院でもかゆみを抑える薬のほか、保湿剤を一緒に処方されることも多いです。
アトピーの症状を少しでも改善するためにはお肌の乾燥を日頃から防ぐことが大事です。
特にアトピーの患者は体質的にお肌が乾燥しやすいこともあり、保湿にはかなり注意したいところですね。

保湿のコツはこまめに保湿剤を塗ることです。
特にお風呂上りは体を拭いたあと、なるべくすぐに保湿剤を塗るといいでしょう。
また、一日に数回、適度に保湿剤を塗るのもおすすめです。
このようにお肌の乾燥を防ぐとアレルギーも起きにくくなり、アトピーの症状も改善しやすくなります。

症状がひどいときは皮膚科へ

アトピーの症状が落ち着いているときや、予防のためにお肌の乾燥をセルフケアで防ぐのはおすすめとなりますが、すでに強い症状が出ているときはお肌の保湿だけで症状を改善しようとするのはあまりおすすめではありません。
このときは一度病院を受診して医師による治療を受けるのがおすすめです。
新宿にはアトピーの診察を行っている病院もあり、中には忙しい方でも利用できるよう、待ち時間の短い便利な病院もあります。
症状が強いときはこれら病院での治療を受けてください。

皮膚科でイボは治せる?

体のイボができた

アトピーを持っている方など皮膚科を利用する方も多いですが、アトピーとはまた別の症状で悩んでいる方もたくさんおられます。
その1つになるのがイボです。
イボとは体にできる出来物のことで、その部分が軽く膨れ上がるのです。
虫刺されでよくある一時的な腫れとは違って長期的にそのイボが残ることも多いですし、症状によっては別の部位に広がったり、他人に移したりする場合もあります。
このようなデメリットのほか、見た目がよくないとして若い方など気にされる方もよくおられます。
≫ 『皮膚科でイボは治せる?』